2017年08月22日

ついにこの日が・・・

8月20日 日曜日

夜鳴きもなく穏やかな夜を過ごし変わらない朝でした。
相変わらず雨の朝だったのでお散歩には行けず、朝ごはんを食べて食後少しの間ぼーっとして洗い物を始めた矢先、テラがしきりにパクの様子を気にしてオタオタしている。何事かと様子を見に行くとパクが痙攣していました。
突然の事で私もオロオロ。こうなった時は甘いものを口に入れるように言われたことを思い出し大慌てでリンゴジュースを飲ませました。焦りと怖さで手が震えて上手に飲ませられず歯痒かったです。
間もなく痙攣は治まりいつものパクに戻ました。
怖かった・・・それ以上にパクはどんなに苦しかったのだろうと涙が出ました。

しばらくは心配でパクの側を離れられませんでした。
午前中に最初ほど酷くはなかったけれど2回の痙攣。
でもその後は落ち着いていつものように寝たり起きたりしていたので少し安心。
ポカリも少しずつ飲んでくれていました。
きっとこのまま落ち着いていつものように過ごせるものとこの時は思っていました。

パクを残して行くのは心配だったけれどスヤスヤと眠っていたのでお留守番してもらって雨の止み間にテラのお散歩へ。
最近のテラは短いコースを回ろうとします。テラの運動量が心配なのでもう少し歩こうとしてもお家に帰るって聞かないの。テラもパクが心配なんだね・・・
この日は特に短いお散歩で終了。

家に戻った時パクはまだ眠っていました。ホッとしてまた3人で離れずリビングで過ごしていました。
夕方4時過ぎにまた痙攣。その後は間隔を狭めながら何度も何度も・・・
慌てて病院へ行く準備をしてテラをお留守番部屋の寝室へ移動させたのですが、狂ったように吠えてお留守番を拒否。吠え続けるテラを残してパクを抱いて玄関を出た途端に、パクが大きく息を吸い込んた後、短くはいて体の力が抜けた・・・

嘘のような瞬間でした。
あまりの衝撃で涙も出ない・・・
パクのベッドに戻って寝かせて顔を覗き込んでみたけど目が合わない・・・
こんなにあっけなく・・・そんな・・・




8月20日 午後5時24分。
パクは旅立ちました。
1月に膵炎を発症してから8カ月。
特に6月からの2カ月間は本当によく頑張ってくれました。

今は痛みや苦しみから解放されて辛くないよね。
しばらくはゆっくりと休んでね。







ニックネーム はりねずみ☆ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

何かしてあげられることはないのかなぁ?

昨夜は夜鳴きはありませんでした。
夜中に何度か声にならない声で『はふっ』と私を呼んだので寝返りをさせたり背中をトントンしたりしてあげました。

今日の午前中はポカリの飲みっぷりが良くて、これならリキッドも飲んでくれるかと試してみましたが拒否されましたたらーっ(汗)
午後からはあまり飲んでくれず顔つきもぼんやり・・・心配です。

毎日雨続きで部屋の中は薄暗くずっと寝ているパクが退屈するだろうとカーテンを開けて窓の外が見えるようにしたりするのですが、パクが寝ている場所からだと電線しか見えないのよね・・・

今パクにしてあげられる事は時々ポカリを飲ませる事とオムツの交換と寝返り、笑顔で話しかける、体を撫でてあげる・・・そんなことしかありません。
他に何かしてあげられる事はないのかなぁ?
そんなことをずっと考えていました。

雨が上がったらお友達と一緒に遊んだグランディや宮床の公園に連れて行ってあげたいなぁ〜。目は薄っすらとしか見えていないけれどきっと匂いで分かるよね。楽しかったたくさんの思い出がある場所。パクを抱っこして歩きたいなぁ〜。
天気予報とにらめっこして良い日を選んで行きたいと思います。

あとは何ができるだろう?
考えてはいるのですが名案が浮かびません。
パクとお話できたらどんなにいいんだろう・・・




今日も一日穏やかに過ごせそうです。
明日もどうか穏やかな日でありますように。






ニックネーム はりねずみ☆ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

穏やかな一日でした。

昨夜、寝室に移動して1時間が過ぎた頃にパクが夜鳴きを始めました。
昼間、力なく横たわっていたパクとのギャップが激しくて驚きました。
どこからそんなに大きな声が出るのかと不思議になるくらいの鳴きっぷりで、しかもなかなか終わらずあと少し様子を見ようと思いながら1時間を過ごしてしまいパクの体への負担になるのではないかと心配になりました。
お薬を使うのもパクには負担になるのかも知れないと思いながらもこのままずっと起きているのも困るので仕方なくお薬を飲ませました。

程なくスースーと寝息を立てて眠りだしたパク。
安堵の気持ちと大丈夫かと心配な気持ちが入り混じりしばらく眠れませんでした。

途中何度かパクの様子を見ながら寝返りをさせて朝6時に起床。
雨が降っていたので二度寝。
病院に行かなくて良いので目覚ましを掛け直さずに寝たら目が覚めたのは8時でしたたらーっ(汗)

パクはまだうつらうつらしていました。
お薬が効き過ぎたのかなぁ・・・?と心配になりましたがお昼前にはいつものパクに戻りました。

9時過ぎにテラのお散歩へ。
16時頃にちょっと買い物に。

それ以外はずっとパクの側で過ごしました。
今までオムツを使っていたのですがお腹を締め付けるのが可愛そうになって昼間は体の下にパッドを敷いてオムツは外してあげる事にしました。
お腹の毛が汚れるのも防げるので助かります。
ちょこちょこポカリを飲ませているのですが昨日より飲んでくれません。
でもゴックンしてと言うと頑張ってゴックンと飲み込んでくれます。
そんなパクが愛おしくてずっと触っているのでパクは落ち着かないかも知れませんたらーっ(汗)

今日は一日吐き気が戻る事も無く穏やかに過ごす事ができました。
こんな日がずっと続きますように。
出来る事ならもっとポカリを飲んでくれてリキッドも飲めるようになってくれたらと欲を張ってしまいます。




ニックネーム はりねずみ☆ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ついに・・・

昨夜もパクは落ち着いていました。
夜中に何度か寝返りをさせたりお水を飲ませたりしましたが、それが終わるとそのまま寝てしまう。それだけ調子が良くないって事なのかもね・・・

朝6時起床。また雨・・・
お散歩は行けないので7時まで二度寝。

朝ごはんと少しの朝家事を済ませて朝一で病院へ。

診察室に呼ばれ昨夜の様子をお話して体重と体温を計ってもらいました。

体重  2.30kg
体温  36.8℃

ここまではいつもと同じ。
いつもならこの後にその日の治療の説明をしてもらうのですが今日は違いました。
先生が遠慮がちに『今後のことなのですが・・・』と話し出しました。
『今までパクは凄く頑張ってくれました。具合が悪くなっても何度も回復して生命力がありました。でも今のパクにはもうそれは無理かも知れません。点滴を続けるのも体の負担になってしまいます。今後は治療はせず緩和処置であとはパクの寿命に任せてみた方がいいと思います。』

昨日の診察の時にはもう少し治療を続けてくれそうな感じだったのでビックリしました。昨日の夜、パクの様子を見守りながらいろいろな事を考えたのです。
以前に治療をやめるという選択肢もあると言われてから頭の片隅にずっとその言葉があってモヤモヤしていました。その後パクが回復したのでうやむやにしていましたがまた体調を崩した今、その答えを出さなくてはいけない日が来るかもしれないとは思っていたのです。でも自分ではとても決められないので先生にプロの目で見てもらい、もうこれ以上は無理だと思った時に言ってもらおうと思い、それを今日先生にお願いしようと思っていた矢先でした。
正直まだそんな状況ではないと思っていたのですが、先生はきっと昨日の段階で答えが出ていたのですね。私に一晩考える時間をくれたのでしょう。

治療費もお気遣い頂いているし今まで本当に丁寧に治療して頂いたし、スタッフの皆さんにもとても親切にして頂きました。これ以上私の我儘を通してはいけないなと思いました。

でも頭の中はパニックで・・・

今日はもう点滴はしないと言われたのでそれは仕方ないと思いながら不安でいっぱいで、とりあえず吐き気止めの注射だけはしてもらえるようにお願いしました。

今後は吐き気が酷い時や体調が急変した時、痙攣発作を起こした時は直ぐに病院に来るように言われ帰って来ました。

明日から通院は無し。本当ならスタッフの皆さんに今までのお礼を言って帰って来るべきだったのでしょうが今日の私にはそんな心の余裕はありませんでした。

一番怖いのが痙攣発作だと言われました。
もし痙攣が始まったら甘い物を直ぐに口に入れてあげること。それでも治まらない時は病院へ。夜間の時は夜間救急に行くこと・・・

怖いです・・・冷静に対処できるのかなぁ・・・?
夜中だとテラを1人残して病院へ行く事になるんだよね・・・

もう不安でいっぱいです。
でも強くならなくちゃ!

私とパクとテラで過ごせる時間があとどれくらいあるのか分からないけれど、少しでも長く穏やかな時間を過ごせることを祈らずにはいられません。
そしてその時間はなるべく笑顔で過ごしたいと思っています。
賢いパクだもの、私の心を読んで気を遣ってしまうかも知れないものね。


今日のパクは穏やかに寝ています。
時々飲ませるワンコ用のポカリもゴックンって飲んでくれています。
少しずつでもまた回復してくれたらいいなぁ〜と期待しながらパクのお世話を頑張っていきます。



会計。
ニックネーム はりねずみ☆ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

やっと病院が開いた!

昨夜は夜鳴きする事はありませんでした。
でも吐き気が酷いらしく何度も吐いてその度に体が硬直するので怖くて仕方ありませんでした。

6時起床。今朝は雨が降っていなかったので数日ぶりにテラのお散歩へ。
8月とは思えない涼しさで驚きました。

朝一で病院へ。
お盆休み中の事をいろいろとお話して体重と体温を計ってもらいました。

体重  2.28kg
体温  36.5℃

耳を疑う数値でした。

体重減少の原因の一つは脱水があるので今日は夕方まで預かって静脈点滴と今の不調の原因を探ってくれると言われました。

ふっと肩の力が抜けて安心しました。
やっぱり病院で診てもらえるとホッとします。

皮下点滴の後に背中が濡れる原因も聞いてみましたが先生も不思議そうで原因が分からないようでした。針を刺した穴から液が漏れ出る事があるそうですがそんなに大量に出る事はないそうで結局原因不明。次回また病院で皮下点滴をする事があったらその時に原因を探ってみるそうです。

パクを病院にお願いして1人で帰宅。
パクが吐いて汚したタオルを洗濯して干したらどっと疲れが・・・
肌寒かったのでタオルに包まって横になったら眠ってしまいました。
2時間程お昼寝して目を覚ましたら外は雨が降っていました。
夕方までのんびり過ごして18時半にパクのお迎えに。

診察台の上に力なく横たわっているパクは朝と変わりない状態でした。
でも吐き気止めが効いて昼間は一度も吐く事はなかったそうです。
膵炎の再発、肝不全、血栓のイタズラが原因だと思うと先生の見立て。
納得の見立てでした。
そして今後の治療なのですが、今のパクの体だと点滴をずっと流し続けるのも負担になるそうで流す量を調節しながらの治療になるそうです。
吐き気止めはしばらく続ける事になりそうです。
体温が低いので体を温めていたけれど、なかなか上がらないので自宅でも温め続けるように言われました。
それから少しずつでもいいので水分補給する事も言われました。
本来なら入院して体の管理をしたいところだけれどパクの場合は自宅で夜を過ごす方が精神的に落ち着くだろうと夜は自宅で看る事になりました。

家に戻ってパクをベッドに寝かせてオムツの交換。あと体を温めるように言われたのでフリースの洋服を着せて離れた場所に湯たんぽを置きました。
そんな事をしていたらパクが目をつむってスヤスヤと眠りだしました。
この3日間ずっと目を見開いていつ眠っているのか分からない状態だったのでそんな小さな変化でも凄く嬉しかったです。


あまりにも辛そうだったのでふと『もう頑張らなくていいよ』なんて言ってしまったのですが今はそんな風には思いません。また元気になってリキッドを飲んでくれるのを目標にまた頑張るのみ!まだまだ一緒にいたいから・・・





会計。
ニックネーム はりねずみ☆ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

4日間のまとめ。

8月12日〜15日の4日間のお話です。

緊張の自宅での点滴も何とか無事に終わりました。
でも今日の点滴の後しばらくしてから背中を触ったら服が濡れていて、針が貫通する事もなくちゃんと液が入った事も確認していたので不思議で・・・
痩せて皮膚がすごく薄くなっているのでそれが原因なのかなぁ?
明日は病院が開くので聞いてみようと思います。

お姉ちゃんが帰って来て我が家はとても賑やかになりました。
パクの様子が心配なので一緒に出掛けたり出来なかったけど、その分家でのんびりしながらたくさんお喋り出来ました。パクもテラもお姉ちゃんと大切な時間を過ごせたと思います。来月下旬に会社の芋煮会でまた帰って来るそうだけどきっとその時はバタバタだと思うので今回ゆっくりできて本当に良かったと思います。

さてパクの体調ですが、病院がお休みに入って2日間は何事もなくリキッドもたくさん飲んでくれていました。
そして3日目の13日夕方、パクが吐いた。少し元気がないなと思っていたのでやっぱりという感じでした。そしてその夜再び変な夜鳴きが始まった。
目を見開いて顎をあげて鳴き続ける。そうすると体が熱くなって息がハアハアしてくる。今月初めになったのと同じ症状でした。
もしかしたらまた血栓が詰まって血液の流れが滞っているのかなぁ?

安定剤を飲ませてみたけれど1時間もしないうちに目を覚まして鳴きだしてしまう。
一晩何とか鳴き止ませようとお水を飲ませたり体制を変えたりしながら過ごしました。
朝、まだ鳴き止まないパクをこのまま見守っていいものか悩みました。それに安定剤の在庫も少なくて心配でした。
何かあったらと友達が教えてくれていたお盆休みも開いている病院に電話をしてみました。
自分の病院の患者ではなく、ましてや高齢で弱って寝たきりの状態。そんな状況でお忙しい時間に電話をするなんて申し訳なかったのですが最初に電話に出た受付の人も電話を代わった女医さんも、もう一度電話を代わった院長先生もとても丁寧に私の話を聞いてくださって、病院まで連れて来られれば診てもくれるしお薬も出してくれると言って下さいました。
ありがたかったです。5日間の真ん中でいつもの病院が開くまでまるまる2日間あったので様子を見るには長すぎて・・・
初めての病院だったので少し道に迷って新聞の販売所で道を聞いたりしてやっと辿り着いた病院はとてもキレイで大きな病院でした。
院長先生に対応していただき、吐き気止めは点滴に入っているので追加はしない方がいいとの事で安定剤の処方だけしてくれました。
いつもの病院と使っている製薬会社が違うそうで、両方の成分や分量を丁寧に調べてくれてお薬を処方してくれました。忙しい中あまりにも丁寧なので申し訳なくなってしまいました。

家に帰る頃にはパクは鳴き止んで静かになっていましたが、相変わらず目は大きく見開いたままで瞬きも少なく充血が激しくなっていました。
一晩眠っていないし鳴いて疲れているはずなのに全然眠らない。これもやっぱり脳に何かしらの障害があるということなのかなぁ・・・?

その夜、1回吐きました。そして20時位からまた夜鳴きが始まりましたがあまり激しいものではなく結局は安定剤は使わずに済みました。でもやっぱり眠らず目を閉じる事はありませんでした。

そして今日。朝方に一度吐いた。
今日一日頑張れば明日は病院が開いて適切な処置をしてもらえる。
リキッドは一切飲んでくれなくなりました。かろうじてお水は飲んでくれています。
こんな状態であと一晩。
もう気が気じゃないけれど耐えるしかないよね・・・
早く明日になってと胃が痛くなるような時間を過ごしています。


お姉ちゃんは今夜の新幹線で帰ってしまいます。
この5日間、お姉ちゃんがいてくれて本当に心強かったです。
1人で背負っている事を一緒に背負ってくれる人がいると言うのはこんなにも安心するものなのですね。今まで味わった事のない感情でした。


この先、パクの体調がどうなっていくのか分からないけれどまた1人で頑張る日々が始まります。でも大丈夫exclamation×2
お姉ちゃんといっぱいお喋りして、美味しい物もたくさん食べたし、何よりリフレッシュできました。
また気分新たに頑張ろうと思っています。




ニックネーム はりねずみ☆ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

自宅で点滴 1日目。

お盆休み初日。朝のうちから雨が降りだし気温が上がらず肌寒い一日でした。

昨夜24時過ぎにお姉ちゃんが帰って来て大騒ぎだった我が家。
パクもしっかりと分かったようでお姉ちゃんの顔をずっと見つめていました。

変な時間に大騒ぎして興奮したので夜ちゃんと眠ってくれるか心配したのですが、お薬を使うことなく朝まで落ち着いて寝ていてくれました。

涼しい朝だったのでいつもより1時間朝寝坊して6時半起床。テラのお散歩へ。

帰って朝ごはん。パクはリキッドとチュールをしっかり食べてくれました。

今日は病院へは行かなくていいので朝家事をさっさと済ませてのんびりしました。

9時半頃からドキドキしながら点滴の準備。
どこでやるのが良いのか考えた結果、ダイニングテーブルにパクを寝かせて点滴パックはカーテンレールに引っ掛けるのが一番良いように思いました。

点滴パックをレンジで人肌に温めてカーテンレールに引っ掛け、ラインを繋いで針を付けて消毒用の脱脂綿を準備。パクをテーブルに寝かせて準備万端。

手順を再確認して深呼吸。
失敗しないように落ち着いて焦らずと心の中でつぶやきながら頑張りました。

p119.JPG


パクは静かに寝ていてくれたので安心してやる事ができました。

自宅で点滴1日目、無事に終了。ホッとしました。

あと4日。どうか無事に終わらせられますように。


ちゃんとした物を食べられていないのでどうしても痩せてきてしまいます。
なんとか食べさせたいのですがなかなか食べてくれません・・・
痩せてくると床ずれも心配になってきます。
床ずれしにくい素材のベッドを買ってあげないといけないなと思い始めました。
ネットでいろいろ探してみようかな。

お姉ちゃんが帰って来たので、私以外に家に誰かが居てくれると言う安心感でいっぱいです。話し相手がいるのも私の精神安定剤になっています。
15日には帰ってしまうけれど、それまではお姉ちゃんの優しさに甘えさせてもらおうと思っています顔(メロメロ)




ニックネーム はりねずみ☆ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

緊張しました。

昨夜はお薬を使わなくても朝まで寝てくれたパク。
血栓を溶かすように血液をサラサラにするお薬を使っているので脳の血行が良くなったのかなぁ?
無表情だった顔にも表情が少し戻り、足の痛い所を触ったりするとあからさまに嫌な顔をするようになりました(笑)
あと病院で点滴の準備をしている音を聞いても怖い顔になるの。今まで大人しくされるがままだったけれどやっぱり嫌だったんだよね。可哀想にもうやだ〜(悲しい顔)

今日も朝一で病院へ。
お盆休み前だし、先生は院長先生1人だったので混んでました。
しばらく待って診察室に呼ばれたけれど先生は他の患者さんを診ている最中で私は隣の診察室でスタッフさんの指導を受けながら点滴の実践練習でした。

手順はなんとなく覚えていたけれどなんせ手際が悪い。
針を刺そうとしたらキャップが付いていたり、右手と左手があっちゃこっちゃになったりあせあせ(飛び散る汗)
明日からは1人でやらなくちゃいけないのに先が思いやられますふらふら
スタッフさんからは肩の力を抜いて落ち着いてやれば大丈夫です!と応援されお見送りしてもらいました。頑張るしかないねGood

そんな訳で先生とゆっくりお話する事が出来ずお休み中に体調が急変したらどうすればいいかのお話が出来ませんでした。帰り際にスタッフさんに聞いてみたら休日診療所に行くしかないようです。我が家からはかなり遠いです。あとはお休みじゃない病院を自力で探すしかないようです。お盆だものねぇ〜仕方ないよね・・・

今日もリキッドとチュールは喜んで食べてくれました。
ササミもあげてみたけれどまだ食べてくれませんでした。
豆乳スープなら食べてくれるかなぁ〜?
明日作ってみようかなぁ?でも余計な事はしないでお盆休みが終わるまでこのままリキッドとチュールを続けた方が良いかなぁ〜?
体調が急変するのが何より怖いもんなぁ・・・

もう直ぐお姉ちゃんが帰って来ます。
6月にお姉ちゃんが東京に引っ越しをした直後にパクが体調を崩してしまった。お姉ちゃんが見ていたパクと今のパクはかなり変わっていると思います。
時々パクの状態を教えてはいたけれどショックを受けないといいけど・・・

お姉ちゃんが帰ってしまうまで賑やかになります。テラは喜ぶだろうなぁ〜るんるん
私も話し相手ができるので楽しみですぴかぴか(新しい)




会計。
ニックネーム はりねずみ☆ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

お盆休みに向けて。

昨夜も寝始めに一回お薬を使いましたが、その後は使わずに朝まで寝ていてくれました。お薬の量を普通に戻して使用したので、夜鳴きが治まっているのはきっとパクの体調も落ち着いてきているという事なのでしょう。

朝ごはんのチュールは完食。
それから前足を頻繁に動かすようになりました。後ろ足は相変わらず動かない状態ですが徐々に動くようになるのかなぁ〜?
あと、顔つきが昨日以上にシャッキリして、しっかりと目が合うようになったぴかぴか(新しい)

痩せたので細くなっちゃったけれどいつものパクの顔に戻ってくれたのが嬉しいです揺れるハート やっぱり目が合うと気持ちが通じるような気がするんだもん。

p118.JPG



朝一で病院へ。
チュールを食べたと言ったらみんな驚いてくれました。
スタッフさんは拍手をしてくれたしClap
本気で喜んでくれているのが分かって感動しちゃいました。

それから一番驚いていたのが先生。
チュールの事もそうだけど、パクの顔がはっきりした事、視線がしっかり定まって目が合うようになった事、前足が動いた事、全てが驚きだったようです。

もしかしてパクは奇跡を起こしたのかなぁ〜?

診察の間も何回も『驚きました!』って言うので段々と可笑しくなっちゃってニヤニヤしながら必死に笑いを押さえました顔(イヒヒ)

そうだよね・・・診察をやめる話まで出てたんだものね。


それでですね、11日から15日まで5日間病院はお盆休みになります。
その間をどう過ごせばいいのかが最大の気がかりでした。
先生もパクの様子を見てどうしたものかと考えあぐねていたようで・・・
でも今日のパクの様子を見て安心したようで、やっとお盆休みの話がありました。

なんと5日間、自宅で点滴だそうでがく〜(落胆した顔)

点滴はやめられないし、病院はお休みだし、きっと私がやるようになるんだろうなぁ〜という予感はあったのですが実際にそうなると怖くて怖くて顔(え〜ん)

何度かたくさんの点滴の袋を持ち帰る患者さんを見た事があるけれど、まさか自分がそれをする事になるとはね・・・

そんな訳で今日、先生とスタッフさんに教えてもらいながらパクへの点滴を実践練習してきました。背中からの皮下点滴なので背中の皮を引っ張ってそこに針を刺すのですが、今まで針を刺したことなんて一度もないので凄く緊張しました。
今までの2か月間、ほぼ毎日見ていたので出来る気になっていたけれど見るのとやるのは大違いでしたたらーっ(汗)

刺すのも抜くのも怖すぎる顔(なに〜)でもパクの為に頑張らなくちゃいけませんね。明日、もう一回練習して明後日からは自宅で1人でやらなくちゃいけない・・・今でも考えただけで胃がキューってなりますふらふら

どうか無事に5日間を過ごせますように。

それから、もしこの5日間にまた急変したらどうすればいいですか?と聞いたら先生は『うーん』と言いながらしばらく考えて、『それは明日相談しましょう』だって。
なんで1日延ばされたのかなぁ?ちょっと気になりました。

とにかく、奇跡でもなんでもパクが良い状態でお盆休みを迎えられそうで安心しました。5日間を無事に乗り切れるように頑張りますGood




会計。
ニックネーム はりねずみ☆ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

諦めるのはまだ早い!

昨夜、23時半に寝室に行きました。
移動して間もなく夜鳴きを始めたパク。
いつもは22時頃からリビングで始まるのに昨日は鳴かなかったので夜もそのまま寝てくれるかと期待したけれどダメでした。
しばらく様子を見ていたけれど鳴き止まないのでお薬を使いました。
前の晩の効き目がイマイチだったので少しだけお薬の量を増やしました。

お薬の量のせいか、パクの体調のせいか分からないけれどこのまま朝5時過ぎまで鳴かずに寝ていてくれました。
ずっと眠っていた訳ではなく目を開けてじーっと上を見ていたりしたのですが寝返りをさせても鳴きだす事がなかったので気持ちが落ち着いていたのかなぁ?

思いがけず一晩グッスリと眠る事ができました。

台風の影響で朝から大雨が降ったり止んだりしていました。
テラのお散歩は無理なのでのんびりと朝ごはんを食べました。

病院はお休みなのですが点滴をしてくれると言ってくれたので大雨の中、朝一で病院へ。

いつもの皮下点滴をしてもらい、濡れたくなかったので寄り道せずに家に帰りました。

家でのパクはほとんど寝ていたのですが15時過ぎにすこし顔の表情がしゃっきりしたので、今がチャンスとリキッドをあげてみました。最初は出してよこしたけれど根気強く少しずつ口に入れていたらゴックンと飲み込んだ。その後は調子良く飲んでくれて6cc飲んだ!まだいけそうな気がしてチュールを指につけて口の中に入れてみたらペロペロしだして飲み込んだ。何度か繰り返して半分ほど完食。

やったぁ〜ぴかぴか(新しい)また食べだしたexclamation×2
食べてくれれば体力が付くものね。

そして19時。もう一度チャレンジ。リキッドをまた6cc飲んだ。
チュールはお皿に入れてあげたら自分で食べたぴかぴか(新しい)
もちろん立ち上がれないので体を支えてだけど嬉しかった顔(メロメロ)

パクはまだ諦めてないね。生きようと頑張ってるexclamation×2
それなら私も頑張るexclamation×2
パクと一緒に頑張るって決めたんだもんGood


さて、今夜の夜鳴きはどんな風だろう?
昨日は落ち着いていたからといって今日もその通りだとは限らない。
どんな風になっても慌てないように準備だけはしておこう。








ニックネーム はりねずみ☆ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パクの体の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする